尿道感染症にアジスロマイシンの1回1000mg投与

アジスロマイシンはマクロライド系に属する抗生物質です。マクロライド系には他にクラリスロマイシンやエリスロマイシンがありますが、アジスロマイシンはこれらより体内貯留性が高いことが特徴となっています。クラリスロマイシンやエリスロマイシンは投与した日だけ効果を示しますが、アジスロマイシンは1日500mgを3日間服用すると1週間効果が持続したり、1000mgを1回服用することで10日間効果が持続したりします。このことから服用回数を少なくでき、患者さんのコンプライアンス向上が期待できるのです。
アジスロマイシンの作用メカニズムに関してですが、リボソーム50sサブユニットに結合することで、その機能を阻害し、細菌のタンパク質合成を抑え、細菌に対して静菌的作用を示します。抗菌スペクトルが広くあらゆる感染症に使用されますが特徴的な使用法の1つとして尿道感染症が挙げられます。尿道感染症の原因としては性交渉時の感染が主なものとなっており、原因菌はクラミジア・トラコマチス、淋菌が代表的です。これらによって尿道炎が起こると、排尿痛が起こったり、膿が出てきたりすることがあります。
この中でクラミジア感染症に関してはよくアジスロマイシンが使用されます。一般的な感染症においては1日500mgを3日間連続投与しますが、クラミジア感染症による尿道炎に対しては1000mgを1回に服用して、10日間効果を持続させる方法がよくとられます。これの有効率は90%程度でほとんどが有効性を示す結果となっています。ただ一度に大量のアジスロマイシンを服用するため、下痢、悪心などの消化器症状に気を付ける必要があります。前もっと胃薬や整腸剤を服用しておくのもいいでしょう。
クラミジアは無症状のまま進行することがあり、気づいたときには感染から時間が経ってしまって重症化してしまうこともあります。クラミジアは感染者数がとても多い病気ですから、不特定多数と性行為を行なった場合の感染リスクは非常に高いです。
クラミジアは病院や保健所での検査が基本ですが、自宅で使える検査キットも発売されているのでそちらを使うという方法でももちろん問題ありません。
何にせよ早期発見が重要な病気であることには間違いありませんので、心当たりがある段階で何らかの形で検査を行なうと良いでしょう。

・自分での検査は正しい使い方で行えないと意味がありません
クラミジア検査キットの購入から使い方までを紹介